9 posts categorized "zorro"

2013/07/13

ゾロの形見

ゾロの飼い主さんから便りがありました

Zorro2

 

 

ゾロが亡くなってちょうど一年、子どもたちの写真です

IMG_2200

 

 

名前までわかりません

IMG_2201

 

 

似てる

IMG_2202

 

 

新潟での写真だと思います

IMG_2203

 

 

ブログの更新が今までより不定期になります

2012/10/28

天国から来たデリバリー

モモコが闘病中だった先日、新潟から宅配便が届きました

R0024461

 

 

新米です ・・・と、なにやら裏側に貼ってある

R0024456

 

 

メッセージは

R0024457

 

 

R0024459

 

 

ゾロ、ありがとう おいしくいただくよ

 

 

 

 

2012/07/14

スケッチ

飼い主さんによるゾロ 今朝描いたそうです

Zorrodrawing

2012/07/13

ゾロ永眠

1日遅れで連絡をもらいました

11日午後11時ごろ 享年12歳

謹んでゾロの冥福を祈ります

 

”飼い主さんより

『術後に良くなってきていたにもかかわらず、私が仕事で忙しくなってしまいゾロの体に起きている小さな異変に気づいてあげられなかったことが原因でした せっかく皆さんに応援していただいたのに申し訳ない気持ちで一杯です

縁もゆかりもなかった皆さまに温かく見守っていただき、ゾロは一生懸命生きました

本当にありがとうございました。』”

 

合掌

Zorro1st

2012/07/10

救世主あらわる

先日の手術の後、見違えるように回復し元気を取り戻したゾロ(5月)

Zorrojuly02

 

 

大学病院近くで外の空気を思い切り吸い(6月末ごろ)

Zorrojuly04

 

 

順調に見えました

Zorrojuly03

 

 

ところが、飼い主さんの知らない間に腎臓が急激に悪化していたようです
モモコもそうですが、ネコの腎臓は本当に悪くなるまで気が付きにくい

Zorrojuly011

 

 

先日、オシッコも出なくなり再度緊急入院

さすがの先生方も「もうダメだ」と諦めかけたようですが、救世主が・・・

Suzunosuke

 

 

とんちゃんさんの鈴之助くんです(5にゃんの中の年長さん)

とんちゃんさんは、あの後も度々飼い主さんに連絡をして「いつでも声をかけて」
と気にしてくださっていたとのこと

飼い主さんがその言葉に甘えて事情をお話ししたところ、快く協力してくれたのです

先週、鈴之助くんの血液をほとんどダメ元で輸血し、一進一退だったのですが、
鈴之助くんの栄養たっぷりの血液が、ゾロの驚異的な生命力を呼び覚ますかのように
2日前からオシッコが出るようになり、昨日は自分から水を飲みゴハンも少しとはいえ
食べるまで回復したそうです

とんちゃんさん、本当にありがとう
鈴之助くん、キミのおかげでゾロが生き返りました

Zorrojuly05

 

まだまだ何があるかわからない状態ですが、強い運命を感じさせます

ゾロは、最新治療やお医者さんたちの努力などで生かされているように見えます
しかし、それはモモコに「私たちが選んだ道」と同様に「飼い主さんが選んだ道」です

どちらが正しいとかではなく、どちらも何かに導かれるように素晴らしい協力者が現れて
生かされているのだなぁ、と思わざるを得ません

Suzunosuke2

ゾロの救世主、鈴之助くん(おととい撮影・・・とんちゃんさんより)

 

飼い主さんからの今朝のメールです

「しかし、ゾロは、いつも、もう無理か⁉という時、奇跡のように出会えたり助かったりするのですが、命の力の強いネコだと、すごく思います。
それに、会いにいった時、死んだようにぐったりしていたのに、頭を一生懸命上げて、元気な時いつもやる鼻頭キスを、鼻頭を私の顔中にこすりつけるのですが、それをしました。ああ、生きたいんだな!っと、強く感じました。」

2012/07/08

がんばってほしい

ゾロの容体が思わしくありません

状況が分かり次第ご報告します(とんちゃんさん、鈴之助くん、本当にありがとう)

写真 06-07-2012 11 02 27 PM

2012/04/22

ゾロその後

みなさんにご心配をおかけしたゾロですが、その後また大きな手術をしました

脾臓(ひぞう)を摘出したのです

あれだけ弱っていたのに手術なんて、と私も思ったのですが無事成功したそうです

Zorro08

 

 

実は赤坂の病院を退院した後、飼い主さんと親交がある某国立大学の高名な先生が
長い洋行を終え帰国し、診察していただいた末の結論ということです

正常な血液の生成を阻害していたのは脾臓だといわれてもピンときませんが、
術後は吐いたり元気がなくなり心配な状態だったものの、もう一度赤坂の病院へ戻り
徐々に回復して写真のように元気になりました

Zorro09

 

ほとんど出血もさせないで摘出手術を行うというマジシャンのような先生とはどんな方なのか、
私もお目にかかってみたいです

本当にご心配をおかけしてすみませんでした

※追記
執刀した先生はゾロを以前に診ており、赤坂での診療の結果を受けて判断したものではなく、
「開けてみなければわからないが、原因は特定できる」と元々診断されていたとのことです

2012/04/08

リカバリー

皆さんにご心配をおかけした件についてご報告いたします。

ゾロはひとまず退院できました。正確にいうと今回は輸血が要りませんでした。

ですが当ブログの読者、「とんちゃん」さんがドナーを申し出てくださり、土曜日の朝ニャンズと共に病院に来てくださいました。イザというときに備え、検査を行いドナー登録をするためです。

Suzunosuke
鈴之助くん(7歳♂)

 

 

Fu
つぶちゃん(もうすぐ2歳♀) 隠れてますが後ろにキジトラのふうちゃんがいます

 

 

ロングドライブや病院の雰囲気にも動じない3ニャンは、鳴きもせずに長時間の診察を無事終えました。

とんちゃんさん、3ニャン、本当にありがとうございました。

 

ゾロは奇跡的に退院前、少しですがフードを食べられるまでになったそうです。
ただ、以前にも快復後元に戻ることがあったそうなので、油断はできません。

Zorro01
退院したゾロ

 

 

とりあえずホッとしました。
とりいそぎ。

2012/04/04

怪傑ゾロ

たくさんの方々に心を砕いていただき、感謝いたします
ゾロは現状安定してるそうです 予断をゆるしませんが・・・

話を聞けば聞くほど大変な猫生を送ってきたネコのようです
後日まとめて書くつもりです

 

タヌキやキツネと闘いながら生きてきた

Zorro

 

 

 

ハナのお母さんとゾロの子どもたち

Kiki

 

回復を願います