« がんばってほしい | メイン | 涼をあなたに »

2012/07/10

救世主あらわる

先日の手術の後、見違えるように回復し元気を取り戻したゾロ(5月)

Zorrojuly02

 

 

大学病院近くで外の空気を思い切り吸い(6月末ごろ)

Zorrojuly04

 

 

順調に見えました

Zorrojuly03

 

 

ところが、飼い主さんの知らない間に腎臓が急激に悪化していたようです
モモコもそうですが、ネコの腎臓は本当に悪くなるまで気が付きにくい

Zorrojuly011

 

 

先日、オシッコも出なくなり再度緊急入院

さすがの先生方も「もうダメだ」と諦めかけたようですが、救世主が・・・

Suzunosuke

 

 

とんちゃんさんの鈴之助くんです(5にゃんの中の年長さん)

とんちゃんさんは、あの後も度々飼い主さんに連絡をして「いつでも声をかけて」
と気にしてくださっていたとのこと

飼い主さんがその言葉に甘えて事情をお話ししたところ、快く協力してくれたのです

先週、鈴之助くんの血液をほとんどダメ元で輸血し、一進一退だったのですが、
鈴之助くんの栄養たっぷりの血液が、ゾロの驚異的な生命力を呼び覚ますかのように
2日前からオシッコが出るようになり、昨日は自分から水を飲みゴハンも少しとはいえ
食べるまで回復したそうです

とんちゃんさん、本当にありがとう
鈴之助くん、キミのおかげでゾロが生き返りました

Zorrojuly05

 

まだまだ何があるかわからない状態ですが、強い運命を感じさせます

ゾロは、最新治療やお医者さんたちの努力などで生かされているように見えます
しかし、それはモモコに「私たちが選んだ道」と同様に「飼い主さんが選んだ道」です

どちらが正しいとかではなく、どちらも何かに導かれるように素晴らしい協力者が現れて
生かされているのだなぁ、と思わざるを得ません

Suzunosuke2

ゾロの救世主、鈴之助くん(おととい撮影・・・とんちゃんさんより)

 

飼い主さんからの今朝のメールです

「しかし、ゾロは、いつも、もう無理か⁉という時、奇跡のように出会えたり助かったりするのですが、命の力の強いネコだと、すごく思います。
それに、会いにいった時、死んだようにぐったりしていたのに、頭を一生懸命上げて、元気な時いつもやる鼻頭キスを、鼻頭を私の顔中にこすりつけるのですが、それをしました。ああ、生きたいんだな!っと、強く感じました。」

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

鈴之助くんありがとう。
写真は落ち着いた風貌に見えます。
怖くなかったの。ありがとうね。

Cat's-pawさんのブログでモモちゃん、ゾロさんの治療のお話は
私の知らないことばかりでした。
ゾロさん生きてください。
またお外の空気を感じることができますように。

鈴之助くん!ありがとう!!
ゾロさん!良かった!
本当に良かった!!

鈴之助く~~ん!ありがとう~~~!!!
キャリーの中のお顔は幼いけど、最後の写真を見たら
イケメンじゃありませんか。悟っちゃった風にも見えます。
ゾロ君に力を貸してくれて有難う。

ゾロさん、ゆっくりでいいの。生きててください。
飼い主さん、お疲れでしょうけどゾロさんをお願いしますね。
とんちゃんさん、ありがとう。

凄い!とんちゃんさん、鈴之助くん(めっちゃかわいい!)どうもありがとうございます!
ゾロの生きたいという力に、ただただ感服です。早くまたお外で散歩できますように。

ゾロくん、本当に良かった!!
そして、みなさんから鈴之助への温かい言葉をありがとうございます。

病院から帰って来てからの鈴之助は普段と何も変わることなく、
よく食べ、よく寝て、元気にしています。
鈴之助は、子猫のころから何事にもあまり動じない子で、下の子の面倒もよく見てくれる
出来たお兄ちゃん(親バカかもしれませんが…)です。
今回もよく頑張ってくれたと思います。

日々の感謝も込めて、私からも、「鈴之助、本当にありがとう」

とんちゃんさん

この度のご協力心より感謝いたします。
鈴之助くんの「ボク何かしたっけ?」みたいな表情が大物の気配を漂わせています。

最初に無理なお願いをしてからも、ずっと気遣ってくださったこと本当にありがとうございます。
ホントになかなかできることではありません。
末永くお付き合いいただけたら幸いです。

この記事へのコメントは終了しました。